高彩度ヘアカラーの下地が大事な様に、髪の内側→表面の綺麗さも大事。栄養どうのこうのだけ言わずに見た目と手触りを

ヘアカラーのモノクロ写真をみてください。

この徐々に抜けたりなグラデーション質感などを狙い通りにすることがまず重要で

ここに色を入れるとこうなります。

こんなヘアカラー同様、髪のサラサラ感や艶感が色の見え方や色の深さなどにも影響をすることがあります。

ブリーチやハイトーン、白髪染めなどの損傷やゴワゴワ感を「修正」する事で色や動きが綺麗に見える事がある。

この「修正」にも色々な考えがあります。

PPTなどケラチンを入れたら髪が回復するかと言ったらそうではありません。

最新のトーリートメントでは弱いパーマ液成分で髪を部分的にゆるく切断し、その上で擬似S-S結合を作り毛髪強化というものもあります。

???

最初にS-S結合切ったら傷みますよね?でも結果的に傷んでも質感が良くなる。

これが人気なサロンもあるみたいです。

弊社56shopオリジナルニュートリシオンシステムトリートメントは上のものとは考え方が違いますが、毛髪内部へ複雑に絡み合う成分γ-ドコサラクトン(エルカラクトン・メドウフォームラクトン)を中心にした正真正銘美容院トリートメントメニューそのままの超高配合システムです。

ですから、使用量・濃度に応じてカスタマイズすることが可能。

抜群な費用対効果と分かりやすいサラサラ感を生み出します。

詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

ポイント
×